PR

地方 地方

茨城・境の夫婦殺害 無施錠の民家、凶行再び のどかな集落に動揺広がる

小林光則さん方の近くで捜査する茨城県警の捜査員。住宅は木々で囲まれ、周辺の民家から離れた場所にあった=23日午前、茨城県境町若林(永井大輔撮影)
小林光則さん方の近くで捜査する茨城県警の捜査員。住宅は木々で囲まれ、周辺の民家から離れた場所にあった=23日午前、茨城県境町若林(永井大輔撮影)

 3連休の最終日、のどかな集落が動揺に包まれた。境町若林の会社員、小林光則さん(48)方で23日未明、小林さんと妻の美和さん(50)が死亡しているのが見つかり、県警は同日、殺人事件として境署に捜査本部を設置した。近隣の八千代町の民家で就寝中の夫妻が襲われる殺傷事件が起きてから、わずか約1カ月。相次ぐ凶悪事件に近隣住民らは不安を募らせている。(永井大輔)

                   ◇

 小林さん夫妻は、2階の寝室で切り傷を負った状態で倒れているのを駆けつけた境署員に発見され、現場で死亡が確認された。別室で寝ていた中学1年の長男(13)と小学6年の次女(11)も腕などに重軽傷を負っていた。

 住宅には無施錠の場所が複数あったといい、県警は何者かが侵入して夫妻や家族を襲った可能性があるとみている。

 複数の近隣住民の話では、この地域では夜でも無施錠のままの家庭は珍しくないという。

 8月24日未明に八千代町平塚で起きた殺傷事件でも、現場の住宅の一部の扉は無施錠だった。捜査関係者によると、殺人未遂罪で起訴されたベトナム人農業実習生は、無施錠の箇所から侵入し夫妻を襲ったとみられる。

 小林さん方の近所に住む男性(24)は「午前1時くらいに救急車やパトカーがサイレンを流しながら現場周辺に集まり、驚いて眠れなかった。午前3時ごろまで警察官と思われる数十人がライトをかざしながら現場周辺を調べていた」と不安を口にした。

 小林さん方は周囲を木々で囲まれており、周辺の道路などからほぼ見えない場所に立地している。近くの道をよく通るという古河市の男性は「あそこに家があるなんて気がつかなかった」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ