PR

地方 地方

小中学生が厳かに 足利学校こども釋奠

 史跡足利学校(足利市昌平町)で23日、小中学生らが、孔子とその弟子を祭る儀式「こども釋奠(せきてん)」を古式にのっとり行った。

 同学校は明治以降、釋奠を毎年11月に行っている。伝統行事を後世に継承しようと、平成26年からは毎年9月にこども釋奠も実施している。

 本来の会場は同学校内の大成殿だが、改修工事のため昨年に続き方丈(ほうじょう)を利用。雅楽が流れる中、市内の小中学生12人が祭官となり、米や野菜、魚などを孔子座像前に供える一連の儀式を厳かに行った。

 市立坂西北小4年の沢田愛梨(あいり)さん(9)は「初めて祭官になったが楽しかった。来年もやりたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ