PR

地方 地方

【春高バレー栃木大会】1次予選開幕 男子は鹿沼東など12校2回戦へ 女子は宇都宮商や作新順当勝ち 

 「春の高校バレー」として行われる第72回全日本バレーボール高校選手権大会(全国高体連、産経新聞社など主催)への出場をかけた県大会1次予選が21日、開幕し、鹿沼総合体育館(鹿沼市下石川)など3会場で男女42試合が行われた。(根本和哉)

 男子は1次予選出場の28校のうち24校が1回戦に登場し、12試合が行われた。鹿沼東、鹿沼、大田原がそれぞれ3セット目までもつれる接戦を制すなど、12校が2回戦へ進んだ。

 女子は46校が1次予選に出場。この日は1、2回戦30試合が行われた。昨年は初戦敗退を喫した矢板が2連勝を飾ったほか、昨年準優勝の宇都宮商、ベスト8の作新学院など強豪校も順当に勝ち上がり、3回戦へ駒を進めた。

 1次予選は22日も続き、男子は3回戦までが茂木町民体育館(茂木町小井戸)で、女子は4回戦までが鹿沼総合体育館で行われる。勝ち残った男女各4校が11月2日からの最終予選へ出場し、今年の全国高校総体県予選ベスト4に入りシード権を獲得した各校と戦う。男女の全国大会出場校は11月9日に清原体育館(宇都宮市清原工業団地)で行われる決勝で決まる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ