PR

地方 地方

宮城県、日本財団ボランティアサポートセンターと協定 五輪へ育成に期待

 県は20日、2020年東京五輪で観光や交通の案内などに携わる「都市ボランティア」の育成で、日本財団ボランティアサポートセンター(東京)と協定を締結した。

 同センターでは今後、県が実施する都市ボランティアの研修に講師を派遣したり、聴覚障害のあるボランティアに遠隔手話通訳サービスなどを提供する。

 県庁で会見した同センターの渡辺一利理事長は、「県内にスポーツボランティア文化の輪が広がるよう尽力していきたい」と語った。

 県の大山明美オリンピック・パラリンピック大会推進局長は「同センターのノウハウを提供いただくことで、都市ボランティアの効果的な育成ができる」と期待を寄せた。

 県内の都市ボランティアは、男女のサッカー会場である宮城スタジアム(利府町)周辺やJR仙台駅などで活動する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ