PR

地方 地方

リニア会議 静岡県、あらゆる工法検討促す JR「議論していきたい」

 リニア中央新幹線工事に伴う大井川の流量減少対策などを検証する県の連絡会議は13日も県庁で開かれ、専門家委員とJR東海の担当者らが活発な議論を交わした。県と同社の主張が折り合わず、早期着工の障害になっている県境付近から県外への湧水流出問題について、県は同社に湧水量予測など未提出のデータをまとめた上で県境付近のトンネル工事について、あらゆる工法を検討するよう要求した。

 県側は、大井川の水量減少対策としてトンネル湧水の全量を大井川に戻すよう求めている。JR側は、工事中の一定期間に県境付近の湧水が山梨、長野両県に流出することは避けられず、「全量戻し」は困難としている。この問題をめぐり、両者の意見の隔たりは大きく、この日の会議でも画期的な進展は見られなかった。

 2日間の会議を終えて、難波喬司副知事は「さまざまな課題が明らかになったという点で(議論は)進んだ」と総括。県境の湧水流出問題の解決に向けて、今後、地質や水資源の専門家に加えてトンネル工法の専門家にもアドバイスを求めていく意向を示した。同社の宇野護副社長は「私たちもトンネル工事には経験があるので、議論していきたい」と前向きに受け止めた。

 県とJRとの協議の場に初めて同席した国土交通省の江口秀二技術審議官は、県境の湧水流出に関して「難しい問題。JRはほかにどういう工法があるのか検討すべきだ」と述べ、JR側に工法の再検討を促した。リニア中央新幹線の品川-名古屋間の開業予定は令和9年に迫っているが、江口審議官は「今は、地域の納得を得て着工できるよう、議論をしっかりしてほしい」と、地元とJRが丁寧に議論を積み上げることを望んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ