PR

地方 地方

ラグビーW杯カナダ選手のイラスト旗 キャンプ地・長門地元関係者らが贈る

カナダ代表に贈られた歓迎の旗
カナダ代表に贈られた歓迎の旗

 20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場するカナダ代表チームが12日、山口県長門市で事前キャンプを始めた。歓迎の意を表し、友情の証しにしようと、選手のイラストを描いた旗がチームに贈られた。

 市内で地域活性化に取り組む斎木病院の斎木泰彦院長(48)が企画した。同市出身の漫画家、岡藤功展氏らが協力し、カナダ代表がW杯出場を決めた歓喜の瞬間を描き、「フレンドシップ」などの言葉も入れた。縦2メートル、横3メートルで、大漁旗を手がける萩市の岩川旗店が製作した。

 また、W杯への関心を高めてもらおうと、市の協力も得て、同じイラストの小旗やはがきを、市内の小中学校に配布した。

 斎木氏は「長門をキャンプ地に選んでくれた感謝と、市民全員で歓迎している気持ちを精いっぱい伝えたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ