PR

地方 地方

国際郵便で大麻密輸 容疑の33歳男を逮捕 神奈川

 米国から大麻を密輸したとして、栄署は大麻取締法違反(輸入)の疑いで、会社員の田中晃一容疑者(33)=北九州市=を逮捕した。「身に覚えがありません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は氏名不詳者と共謀のうえ、昨年12月8日、米国から大麻成分が練り込まれたペースト状の固形物1袋(約40グラム)を国際郵便で発送させ、日本に輸入したとしている。

 同署によると、米国から届いた田中容疑者宛ての物品のなかに、不審物が入っていることを横浜税関が発見。その後の検査で、中身に大麻が含まれることが判明し、同署が捜査を進めていた。

 田中容疑者の宿泊先の広島県内のホテルを捜索したところ、部屋からパイプとみられるものが見つかったうえ、車には大麻を使ったとみられる痕跡があったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ