PR

地方 地方

九州・沖縄の特産品、京成百貨店に大集合 きょうから物産展 茨城

 京成百貨店(水戸市泉町)は12日から6日間、九州・沖縄8県の産品を集めた「第21回全九州の物産展」を開く。

 食品45社、工芸5社が出展し、大分県のつるさき食品の三角チーズパン(1個181円)、長崎県の長崎角煮まんじゅう(1個401円)などの特産品を販売する。

 物産展を前に、大分市観光キャンペーンレディーの中島晴香さん(23)が11日、水戸市南町の産経新聞社水戸支局を訪れ、催しをPRした。中島さんは、三角チーズパンが大分市内の高校の購買コーナーで人気の「ご当地パン」であることを紹介し「多くの人に味わってほしい」と話していた。

 京成百貨店は、10月2~8日には、現代美術家の中村元風(がんぷう)さんの壺や花器など約80点の展示会も開く。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ