PR

地方 地方

116歳「死ぬ気せん」世界最高齢・福岡の田中さんの長寿祝う

福岡市の高島宗一郎市長(左端)からオセロ風ゲームを模した特大ケーキを贈られ、ゲームに興じる田中カ子さん=11日午後、福岡市
福岡市の高島宗一郎市長(左端)からオセロ風ゲームを模した特大ケーキを贈られ、ゲームに興じる田中カ子さん=11日午後、福岡市

 敬老の日(16日)を前に、116歳で世界最高齢の田中カ子さんが暮らす福岡市内の老人ホームを11日、高島宗一郎市長が訪れ、長寿を祝った=写真。明治から令和まで5つの時代を経験する田中さんは、市長から花束を受け取ると「死ぬ気はせん。そんなことは考えたことがない」と相好を崩した。高島氏から世界最高齢の気持ちを聞かれると、両手を挙げて「万歳」と叫んだ。

 田中さんは明治36(1903)年、福岡県で9人きょうだいの7人目として生まれた。今年3月、ギネスワールドレコーズ社から、男女を通じ「存命中の世界最高齢」に認定された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ