PR

地方 地方

ナショナルサイクルルート、「ビワイチ」初認定候補に ブランド力向上に期待 滋賀

 国土交通省は、日本を代表する自転車道として国内外にPRする「ナショナルサイクルルート(NCR)」の第1次候補の一つに琵琶湖を周回する「ビワイチ」を選定した。第3者委員会が走行環境などの指定要件を満たしているか検討し、来月中にも指定の可否を判断する。三日月大造知事は「指定されれば、ブランド力や知名度が向上する」と期待を寄せる。

 NCRは、自転車活用推進法に基づき、自転車を通じて観光振興や地域創生を図ろうと、世界に誇るコースを国が指定する制度。9日に発表された第1次候補ルートには、ビワイチのほかに「つくば霞ケ浦りんりんロード」(茨城県)と「しまなみ海道サイクリングロード」(広島県、愛媛県)が選ばれている。

 NCRに選ばれるには、ルートが地域を代表する観光地と連携しているなど魅力的で安全なルートであることや、案内表示が整備されていること、休憩施設などの受け入れ環境が整備されていることなどの指定要件を満たす必要があり、学識経験者らからなる第3者委員会が審査する。

 三日月知事は10日の定例会見で「市町の関係者らと、これまで以上に連携して走行空間整備や安全対策などのサービス水準の維持向上に努める」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ