PR

地方 地方

前橋市長選 3選出馬へ山本氏表明

 前橋市の山本龍市長(60)は10日の市議会本会議で「市のさらなる発展に向けて、引き続き市政運営の任を担いたい」と、来年2月下旬の任期満了に伴う市長選に3選を目指し出馬する意向を表明した。青木登美夫市議の質問に答えた。

 山本氏は「2期目の選挙公約として掲げた114のマニフェストのうち39%を達成、現在43%に取り組んでおり、計82%の公約を達成していると考えている」と実績を強調。

 「市民や議会の方々と協力し、7年半の経験を生かして新たな諸問題にチャレンジし、失われた誇りを取り戻すアクションを進めていきたい」と訴えた。

 市長選は来年2月の投開票が有力視される。人口減少下での地域活性化策などが争点になりそうだ。

 元自民党衆院議員で行政改革担当相を務めた佐田玄一郎氏(66)が立候補の意向を周囲に伝えており、保守分裂となる可能性がある。また、現在5期目の前橋市議、中島資浩氏(48)が無所属で出馬すると表明している。

 山本氏は県議を経て、平成24年の市長選で初当選。中心市街地の再開発などに取り組んできた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ