PR

地方 地方

作業員2人死亡、1人重体 解体工事で一酸化炭素中毒か 東京

 10日午前8時半ごろ、世田谷区南烏山のアパート解体現場で、「男性3人がけいれんしているようだ」と作業員から119番通報があった。成城署によると、アパート2階部分で、いずれも20代のベトナム人とみられる男性作業員3人が倒れているのが見つかり、2人の死亡をその場で確認。1人が救急搬送されたが、意識不明の重体だという。現場からは高濃度の一酸化炭素が検出されており、同署は一酸化炭素中毒の可能性があるとみて、詳しい状況を調べている。

 同署によると、現場では9日から作業員6人で解体作業をしており、10日朝に現場に来た日本人の作業員が3人を発見し通報。3人は普段着姿でヘルメットを着用しておらず、作業開始前だったとみられる。

 2階部分には物が燃えた形跡がなく、ガス給湯器もホースが外れた状態で稼働していなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ