PR

地方 地方

熊本地震で寸断の国道、来年度中に全線復旧

熊本地震で国道57号の寸断や阿蘇大橋の崩落が起きた熊本県南阿蘇村の土砂崩れ現場(奥)
熊本地震で国道57号の寸断や阿蘇大橋の崩落が起きた熊本県南阿蘇村の土砂崩れ現場(奥)

 熊本県は9日、平成28年4月の熊本地震による土砂崩れで寸断された国道57号を、令和2年度中に全線復旧させる見通しになったことを明らかにした。有名観光地となっている熊本県・阿蘇地域への観光客のアクセスが改善し、復旧後の道路は被災地の復興のシンボルになると期待される。

 蒲島郁夫知事が、この日の県議会代表質問で「通勤通学や、観光を始めとする地域産業基盤として復興に欠かせない」と強調した。

 県などによると、国道57号は熊本県と大分県、長崎県を結ぶ幹線道路。熊本地震の「本震」で被災し、熊本県南阿蘇村の約900メートルの区間が不通になっている。

 国道57号の北側では、全長約13キロの代替ルートを2年度までに整備し、このルートを国道57号の一部として活用する見通し。今回、寸断した区間を復旧させることを決めた区間は、旧道として県が管理する方向で国と協議している。

 熊本地震をめぐっては、一部区間が不通となったJR豊肥線や、崩落して架け替え中の阿蘇大橋も2年度中に全面的に復旧する予定となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ