PR

地方 地方

熊本知事選、再び対決へ 現職出馬表明、幸山氏も意欲

 熊本県の蒲島郁夫知事(72)は9日の県議会本会議で、来年4月の任期満了に伴う知事選に4選を目指して立候補する意向を表明した。自民党議員の質問に「熊本地震などの課題を確実に解決し、復興を将来への発展につなぐことが重要だ。県民の期待に応えるべきだと思い至った」と述べた。同知事選には他に、前回選挙に立候補して敗れた元熊本市長、幸山政史氏(54)も出馬に意欲を示している。

 蒲島氏は熊本県山鹿市出身。農協勤務や東大教授などを経て、平成20年3月の知事選で自民党の支援を受け初当選した。任期中は28年4月の熊本地震への対応に当たったほか、県のPRキャラクター「くまモン」の普及に取り組んだ。

 蒲島氏は本会議後、県庁で記者会見し「復興は道半ばだ。ここで辞退すると、今進んでいる事業がストップし(復興が)遅れる」と述べ、再選に意欲を示した。一方、幸山氏は熊本市内で記者団に「県政が遠い存在になっている。復興などで県民に寄り添った政策を示したい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ