PR

地方 地方

幸手市長選 女性教授が出馬表明

 出張先の広島市で女性店員への暴行容疑で現行犯逮捕、釈放された渡辺邦夫前市長の辞職に伴う幸手市長選(29日告示、10月6日投開票)に、日本保健医療大教授の池田智子氏(55)が9日、市内で記者会見し立候補の意向を表明した。市長選には元市助役の木村純夫氏(68)がすでに出馬表明しており、選挙戦になる見通しだ。

 池田氏は出馬理由を「市政についてアドバイスする中で『市長になってほしい』という声をいただいた」と説明した。市役所と自治組織、NPOなどが連携する「まちづくりプロジェクト」を設けることや、保育園・学童保育の待機児童ゼロなどを政策として掲げた。池田氏は東京都出身。産業医科大教授などを経て、平成26年から現職。幸手市の有識者委員会で委員を務めるなど、市政運営に関与してきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ