PR

地方 地方

「夢奪った犯人許せぬ」 上智大生殺害23年、情報提供呼びかけ

京成線柴又駅前で情報提供を求めるチラシを配る小林順子さんの父、賢二さん(左)=9日午後、葛飾区柴又
京成線柴又駅前で情報提供を求めるチラシを配る小林順子さんの父、賢二さん(左)=9日午後、葛飾区柴又

 葛飾区柴又で平成8年9月、上智大4年の小林順子さん=当時(21)=が自宅で殺害され、放火された事件から23年となった9日、遺族や地域住民らが現場跡地で献花式を行い、京成線柴又駅前で情報提供を呼びかけた。

 父親で、殺人事件の被害者遺族でつくる「宙(そら)の会」会長の賢二さん(73)は「娘は海外留学を目前に突然命を絶たれた。若者の夢と希望を奪った犯人を絶対に許せない」と事件解決への思いをにじませた。

 事件は8年9月9日午後3時50分ごろから4時40分ごろの間に発生。自宅から出火し、焼け跡から首を刺されて死亡している順子さんが見つかった。現場からは容疑者のものとみられる男のDNA型が検出されている。

 警視庁はこれまで延べ10万5774人の捜査員を投入。今年1月以降、不審者情報など新たに22件の情報提供があった。情報提供は亀有署捜査本部(03・3607・9051)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ