PR

地方 地方

虐待死公判、午後に延期 台風の影響、東京地裁

船戸優里被告
船戸優里被告

 東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待され死亡したとされる事件で、保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判は、台風の影響で9日午前10時から午後2時に延期となった。この日結審し、17日に判決が言い渡される。

 優里被告は3日の初公判で、起訴内容を認めた上で「夫の命令は絶対で、背くと結愛に被害が及ぶので、ロボットのように言うことを聞くのに必死だった」とし、「結愛に謝り続けるしかない」と話していた。

 起訴状によると、昨年1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えず、雄大被告が暴行していることを知りながら放置し、3月2日に肺炎による敗血症で死亡させたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ