PR

地方 地方

宮崎市の沖合で男性死亡 サーフィンで流されたか

 7日午前6時ごろ、宮崎市阿波岐原町前浜の沖合約300メートルの海上で、宮崎市江平東のアルバイト従業員、君田宗智さん(20)が浮いているのを、近くを散歩していた男性が見つけて110番通報した。君田さんは、午後0時15分に死亡が確認された。

 宮崎北署によると、君田さんは6日午後に「サーフィンに行く」と家族に伝えていた。発見された際は海水パンツを着用し、足にサーフィン用具を装着していた。同署はサーフィンをしていて流された可能性があるとみて、当時の詳しい状況を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ