PR

地方 地方

小学生息子に傷害疑い 長崎・壱岐市の父親逮捕

 長崎県警壱岐署は4日、小学生の息子の顔や頭をつかむなどして軽傷を負わせたとして、傷害容疑で、同県壱岐市の団体職員の男(34)を逮捕した。「母親への態度が悪かったので注意するつもりだった」と話しているという。

 逮捕容疑は1日午後8~9時ごろ、壱岐市内の自宅で息子の顔や頭部をつかんで引っ張るなどの暴行を加え、10日~2週間程度の治療を要するけがを負わせたとしている。

 同署によると、4日午後に壱岐市から通報を受け、男に任意で事情を聴いたところ、暴行を認めたため緊急逮捕した。被害者の男児は「これまでも悪いことをすると、げんこつで殴られていた」と話しているといい、県警は男が日常的に暴力を振るっていた可能性も含めて調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ