PR

地方 地方

うどんに青ネギ・スダチを 香川・徳島のJA、消費拡大へPR 

 JA香川県とJA全農徳島県本部などは、香川県産の青ネギと徳島県産のスダチを香川県内のうどん店に配り、薬味としての利用とPRへの協力を呼びかけるキャンペーンを行った。

 香川県産小麦の「さぬきの夢」を使ったうどんを提供する「さぬきの夢こだわり店」の協力で実施し、10回目。青ネギとスダチの消費拡大を目指している。

 高松市のうどん店で出発式があり、生産関係者らが「風味豊かなネギと、さわやかな香りのスダチを知ってもらう機会」などとあいさつ。「すだち大使」の平田麻奈さん(21)は「スダチは今が旬。冷たいうどんに入れるとさわやかでおいしい」と話した。

 出発式の後、生産関係者らが香川県内のうどん店7店で、客にスダチを贈った。

 JA香川県は平成22年から「さぬきの青ねぎ」の名称で、青ネギの生産拡大を進めている。

 徳島県のスダチ生産量は全国シェア98%(28年産)を占め、8月下旬~9月は露地スダチの最盛期にあたる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ