PR

地方 地方

草間氏の偽絵画展示疑い 画廊の59歳男逮捕

 芸術家、草間弥生氏の偽物の絵画5点を販売目的で展示したとして、岡山中央署は4日、著作権法違反(頒布目的所持)の疑いで、岡山市北区野田屋町の飲食業、吉延基(よしのぶ・はじめ)容疑者(59)を逮捕した。「本物だと思っていた」と容疑を否認している。

 県警によると、3月に「複製品を販売している画廊がある」との情報提供があり、草間氏の関係者に鑑定を依頼。色彩やサインなどが本物と異なり、偽物と確認された。

 少なくとも数人が絵画を購入、画廊には他の芸術家の作品の展示もあり、県警は他作品の真贋(しんがん)や金額、入手経路などの捜査を続ける。

 逮捕容疑は7月5日、岡山市内の自身が経営する画廊で、草間氏の絵画の複製品5点を、同氏の許可なく販売目的で展示したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ