PR

地方 地方

旧富多小の有効活用で春日部市が事業者募集

 春日部市は、学校再編で閉校した旧市立富多小学校の有効活用策の提案を募集する。既存の建物の活用が条件で、農業関連や観光的要素を含む事業を通じて地域活性化に結びつくような提案を求めている。

 民間業者から活用策の提案を受け、内容を審査して決める「公募型プロポーザル方式」を採用し、市は12月中旬に優先交渉権者を決める予定だ。最低売却価格は土地・建物合わせて1億4403万円。

 春日部市神間にある旧市立富多小は明治25年開校。平成31年3月に学校再編に伴い閉校した。敷地面積約1万7300平方メートルに、校舎(延べ床面積約2420平方メートル)と体育館(同約1225平方メートル)などがある。

 12月中旬に優先交渉権者が決まれば、来年1月以降に本契約を結ぶ予定。現在、市役所で募集要項を配布している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ