PR

地方 地方

大谷観光外国人にも対応 宇都宮市が音声ガイド実験

 宇都宮市は大谷地域を訪れる外国人観光客に対応するため音声ガイドの実証実験を開始した。11月10日まで行い効果や課題を検証する。

 音声ガイドは英語と日本語。観光案内所などで配付されるポスターやチラシのQRコードをスマートフォンで読み取る。大谷の歴史、大谷寺、平和観音、大谷資料館の4項目からテーマを指定すると、代表的な写真と文章が表示され、イヤホンを接続して再生ボタンを押すと音声が流れる。QRコードが記載されたポスターは大谷資料館、大谷寺に掲示しているほか、カードサイズのチラシを観光案内所などで配布している。

 市観光交流課では「外国人観光客向けの案内はまだ不十分。英語での音声ガイドは初の試みで、いろいろな視点で実証実験し受け入れの強化につなげたい」としている。(松沢真美)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ