PR

地方 地方

横浜市、保育施設に改善指導 元職員の園児暴行事件で

 横浜市は、園児への暴行容疑で逮捕された元保育士の男性(23)が勤務していた認可外保育施設「横浜バディスポーツ幼児園長津田校」(同市緑区)に、改善を指導した。9月20日までに改善計画を提出するよう求めている。

 市によると、元保育士が5~7月に8件の暴行を加えていたことを確認。園児の顔をたたいたり、食事に時間がかかっていた園児を突き飛ばして大声で怒ったりするなどしていた。

 体操がうまくできない園児を他の園児の前で立たせるといった不適切な行為も10件あった。保護者から5月に元保育士の暴行について相談があった際に、園は他の職員への聞き取りなど事実確認をしなかった。

 元保育士とは別の20代のパートタイム職員も懲罰目的で園児を教室外に閉め出すなどしていた。元保育士はこれまでに、罰金30万円の略式命令を受けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ