PR

地方 地方

セブン時短店、定休見送り 大阪、当面の人員確保

 自主的に24時間営業を短縮したセブン-イレブン東大阪南上小阪店(大阪府東大阪市)のオーナーは27日、日曜日を定休日にすることを見送るとセブン-イレブン・ジャパン本部に伝えた。人手不足を理由に9月から実施すると本部へ通告していたが、当面の人員を確保できたとしている。

 セブン-イレブン・ジャパンの渡辺良男取締役が同日、店を訪れてオーナーの松本実敏さん(57)と面会した。松本さんは、最近になって従業員の新規採用が決まったことから定休日の導入を見送ると伝えた。

 松本さんは取材に「運良く採用がうまくいったが、不安定な状態が続いている。定休日導入の解禁など抜本的な問題解決を引き続き求める」と話した。定休日は導入しないが、現在の午前6時~翌日午前0時の営業時間を、9月から午前7時~午後11時に短縮する意向だ。自主的な短縮営業は続くことになる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ