PR

地方 地方

乙訓オールスターズがV3 全国選抜少年野球大会、豊田JBC下す 山口

優勝を決め、マウンドに駆け寄る乙訓の選手
優勝を決め、マウンドに駆け寄る乙訓の選手

 「少年野球の甲子園」を掲げる第23回全国選抜少年野球大会(山口銀行、産経新聞など特別協賛)は25日、山口県下関市のオーヴィジョンスタジアム下関(下関球場)などで決勝トーナメントが実施された。乙訓オールスターズ(京都)が、豊田JBC(熊本)を6-0で下し、3連覇を果たした。

 乙訓は一回、1番中村が出塁すると、足を生かして盗塁を決めた。続く益田が、自身も生きるバントでチャンスを広げると、相手のエラーで1点を先制。さらに1点を加え、序盤から優位に立った。

 三回には中道のランニングホームランで1点をもぎ取る。六回にも無死満塁から3点を追加し、豊田を突き放した。

 豊田は毎回のように好機をつくるが、ホームが遠い。四回には山口の安打や盗塁などで二死一、二塁。だが、大津山の強烈な打球は一塁手の正面に飛び、得点につながらなかった。

                   ◇

 乙訓・井上渉太郎主将の話 「先輩に続いて3連覇しようと、チームメイトに話していた。最高の気分です」

 乙訓・岡本吉洋監督の話 「プレッシャーもある中、選手はのびのびとプレーし、実力を発揮してくれた」

                   ◇

 【総合順位】

 (1)乙訓(2)豊田(3)基山(4)辺野古(5)所沢(埼玉)(6)長崎(7)泡瀬(沖縄)(8)住吉(宮崎)(9)萩維新(山口)(10)西風(広島)(11)鹿児島(12)八幡(京都)(13)加茂(鳥取)(14)今治(愛媛)(15)生馬(島根)(16)川内(鹿児島)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ