PR

地方 地方

新食感「あらわり納豆」 あづま食品が来月1日発売

 宇都宮市の納豆メーカー「あづま食品」が、新機軸の商品を売り出す。9月1日発売の「ごろっとあらわり納豆」。ひきわり納豆よりも粗くひいた国産大豆を使い、今までにない食感を実現した。

 通常のひきわり納豆は大豆1粒を6~8分割してから発酵させるが、新商品は4分割した豆を使う。材料を選別する際の精度を高め、細かい大豆を取り除くことで「あらわり」が可能になったという。

 ひきわり納豆は皮がなく口当たりが滑らかな半面、粒が小さく発酵時間が短いため、味わいは丸大豆納豆の方が深いとされる。あらわりの特徴について、同社の担当者は「ひきわりより味わい深く、丸大豆より食べやすい“おいしいとこ取り”の品に仕上がった」とアピールする。

 40グラム入り3パックで、オープン価格。関東と東北のスーパーなどで販売される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ