PR

地方 地方

台湾で人気、青森産リンゴ「トキ」 評価向上へ適切収穫確認

 台湾などで人気のリンゴ黄色品種「トキ」の適切な収穫時期を徹底するため、県は22日、青森市で生産流通販売対策会議を開いた。約40人が参加した会議では、地域ごとに果実の熟度を調査するなど、情報を共有しながら黄色リンゴの評価向上に努めることを確認した。

 トキは黄色品種の中でも特に人気がある。しかし、昨年産は台湾の伝統祭事「中秋節」(9月24日)に合わせ、適切な収穫時期より早くもいだため、未熟で食味の悪いトキが出荷されたことで業者からクレームが入り、評価が低下した。

 会議では、生産者団体などから早もぎを防ぐための取り組み策が提示された。実の熟度を確認できるカラーチャートを使った選果や適期収穫を記したチラシの配布、指導などを通じて良食味な黄色品種の生産、出荷に取り組むことを申し合わせた。県の担当者は「台湾でトキをアピールしてきただけに昨年は残念な出来事だった。関係者が良食味生産への意識を共有し、トキの評価を挽回していきたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ