PR

地方 地方

伊勢崎の県道で車衝突・炎上 1人死亡、学生4人けが

 21日午後10時20分ごろ、伊勢崎市田中島町の県道前橋館林線で、伊勢崎市の専門学校の男子学生(19)が運転する乗用車が丁字路交差点の左側市道から出てきた車と衝突、車は大破、炎上した。この事故で車の運転者が死亡、学生の乗用車も前部が大破し、学生と同乗者3人が首や腕、足などを打つけが。伊勢崎署によると、死亡した運転者は大破、炎上による損傷が激しく性別、身元は不明。同署は過失運転致死傷の疑いで運転していた男子学生を現行犯逮捕したが、取り調べ中に内臓の不調を訴えたため太田市内の病院に搬送、入院した。

 同署によると、炎上した車の後部の損傷が激しいことから、県道に合流直後に衝突したとみられる。県道はほぼ直線で、一時停止規制は市道側にあり、事故当時、雨が降っていて路面はぬれていた。

 男子学生は同じ学校に通う同年齢の男子学生3人と前橋市のレジャー施設に向かっていた。大破、炎上していることから速度違反も考えられるが、それも含め今後、原因を調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ