PR

地方 地方

人気の中国映画エキストラ3000人募集 足利に渋谷スクランブル交差点

建設工事が進む東京・渋谷のスクランブル交差点を再現したオープンセット=足利市五十部町
建設工事が進む東京・渋谷のスクランブル交差点を再現したオープンセット=足利市五十部町

 東京・渋谷のスクランブル交差点を再現した映画撮影用大規模オープンセットの建設工事が足利市五十部(よべ)町の競馬場跡地で着々と進んでいる。第1作目として中国映画「唐人街探案(とうじんがいたんあん)3」の撮影が決まり、延べ3千人のエキストラを募集している。

 中国の人気映画シリーズ第3弾で、2015年公開の第1弾は中国国内で興行成績135億円を記録。昨年の第2弾は中国国内で同600億円超、1億人を動員した。第3弾は日本各地で撮影予定という。

 同セットでの撮影は9月21~23日の計3日間で、各日1千人のエキストラを募る。撮影予定時間は午前8時~午後6時ごろまで。無料駐車場や無料送迎バスが用意される。交通費などの現金支給はないが、昼食や映画のオリジナル記念品が提供される。

 足利市内では平成26年以降、映画・ドラマなど約250作品撮影されているが、これまで1日当たり最も多いエキストラ数は300人。市映像のまち推進課は「今回のエキストラ数は空前の数字。より良い撮影ができるよう支援したい」と話している。同セットでは年末までに今回の作品を含め映画計3本が撮影予定。

 エキストラ希望者は専用応募フォームから申し込む。アドレスはhttps://ws.formzu.net/fgen/S91303591/(川岸等)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ