PR

地方 地方

「サシバの里」米、来月発売 栃木・市貝、減・無農薬アピール

オリジナル米を紹介する市貝町の入野正明町長(中央)ら
オリジナル米を紹介する市貝町の入野正明町長(中央)ら
その他の写真を見る(1/2枚)

 市貝町と町内の農家が、減・無農薬栽培のオリジナル米「サシバのふるさと~谷津田の恵み」を9月に売り出す。地元で数多く営巣する渡り鳥のサシバをシンボルとし、町のブランドとしてPRしていく。

 サシバは春から秋にかけて子育てし、フィリピンで越冬する渡り鳥。同町の里山は生息密度が日本で一番高いとされ、入野正明町長は「サシバの餌となる谷津田(谷間の水田)の小動物に悪影響が及ばないよう、農薬や化学肥料を抑えて農業を営んでいるため」だと胸を張る。

 3年前からは減・無農薬の農畜産物を町が認定する「サシバの里」ブランドを展開。今回新たに町内産のコメを加え、健康志向の高い客が集まる首都圏の店舗などへも売り込む。

 発売するのは、国の指針に基づいて農薬と化学肥料の使用量を通常より5割以上減らした特別栽培米(予定価格1キロ500円、3キロ1500円、5キロ2500円)と、不使用の有機栽培米(同1キロ1000円)。有志農家5人が2ヘクタールの水田で育て、5・3トンを収穫する予定だ。

 9月上旬から「道の駅サシバの里」の直売所などで販売する。来年度からは参加農家と作付面積を増やし、ゆくゆくは出荷先を日本米の人気が高い台湾などへも広げたいという。(山沢義徳)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ