PR

地方 地方

寒河江で衝突事故、自民県議書類送検 過失傷害疑い

 寒河江市内の国道で今年4月、自民党の小野幸作県議(77)の乗用車と山形市の男性のトラックが衝突した事故で、寒河江署が自動車運転死傷処罰法違反(過失傷害)の疑いで小野県議を書類送検していたことが20日、分かった。

 書類送検容疑は、4月23日正午ごろ、寒河江市高屋の国道112号交差点で、赤信号にもかかわらず進入し、右折してきたトラックと衝突。男性は足などを打撲したとしている。

 小野県議は産経新聞の取材に「これまでにも増して注意して運転していきたい」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ