PR

地方 地方

「県民の安全確保に全力尽くす」 福島県警新本部長が着任会見

 県警本部長に20日付で着任した林学警視監(53)が、福島市の県警本部で会見し「職員と力を合わせ、心をひとつにして県内の治安維持、県民の安全安心の確保に全力を尽くす」と抱負を述べた。

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興で、県警が果たすべき役割については「治安の面からしっかり支える。復旧、復興の進展で治安情勢に変化があれば、適切に対応することが重要」と話した。

 来夏の東京五輪・パラリンピックでは「選手や関係者、観客の安全、行事や競技の円滑な進行や開催が確保されるよう、警備や交通対策に当たりたい」との見解を述べた。

 林本部長は東大法学部卒業後、平成2年に警察庁入庁。愛媛県警本部長、大阪府警警務部長などを歴任した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ