PR

地方 地方

高根沢ちゃんぽん、3店舗が新メニュー 加盟店閉店、盛り返し狙う 栃木

新メニューを紹介する高根沢ちゃんぽん普及会のメンバー
新メニューを紹介する高根沢ちゃんぽん普及会のメンバー

 ご当地グルメで高根沢町の地域おこしを目指す「高根沢ちゃんぽん普及会」の3店舗が、新メニューを開発した。活動は7年目を迎え「地元の味」として定着した一方、今年に入り加盟店が閉店するなど、思わぬ“危機”が訪れたためだ。新メニューの提供により、もう一段の盛り上がりを狙う。(山沢義徳)

◆地元の食材を豊富に

 同会は平成24年、高根沢町と長崎県雲仙市との姉妹都市提携をきっかけに発足した。ご当地グルメとして町の特徴を打ち出すため、料理の定義を決めている。例えばスープ入りの「高根沢ちゃんぽん」は、具材に高根沢の農産物を豊富に使うことなどがルールだ。

 発足以来、加盟7店舗がそれぞれ工夫したレシピのちゃんぽんを提供。「北関東のB級グルメ」の一角としてメディアで紹介されるなど人気をじわじわ広げ、今年4~5月の10連休には「高根沢ちゃんぽんを目当てに多くの県外客が町を訪れた」(同会)という。

◆人気に冷や水

 しかし6月、町の温泉施設「元気あっぷむら」が経営不振のため廃業し、ここに入る会員2店舗は閉店。同施設料理長で、普及会会長として「高根沢ちゃんぽんマップ」の作成などをリードしてきた楡木治彦氏も交代することになった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ