PR

地方 地方

【夏の甲子園】作新、終盤崩れ4強逃す

 第101回全国高校野球選手権大会第12日の18日、作新学院は中京学院大中京(岐阜)と対戦し、3-6で敗れ、準決勝進出を逃した。初回に3点を先制するも、終盤の八回に投手陣が四球から崩れ、満塁本塁打で逆転された。優勝した平成28年以来のベスト4進出はならなかった。(根本和哉)

 作新学院は初回、主将・石井の3点本塁打で幸先良く先制する。

 その後は相手投手陣を攻めきれずにあと1本が出ない状況が続いたが、先発の林は味方の堅い守備に助けられ、六回まで無失点と粘りの投球を見せる。

 しかし終盤に入り、連投の影響からか制球が乱れ始める。七回に2点を失うと、八回の先頭打者に四球を出したところで降板。林は「疲れもあったが、気持ちで抑えるつもりで投げた。内角を突けたのはよかったが、終盤に甘いところに入ってしまった」と悔やんだ。

 後続の投手陣も悪い流れを止められず、3番手の坂主(さかぬし)が満塁本塁打を浴び、逆転を許した。坂主は「自分のせいで負けにつながった。申し訳ない」と涙が止まらなかった。

 小針崇宏監督は「後半に勝負する体力や気力が足りなかった。しかしチームはこの夏よく成長した。甲子園での3試合は自分たちの野球ができたと思う」と選手をねぎらった。石井は後輩たちに対し「自分たちの色を存分に出して、甲子園優勝を目指して頑張ってほしい」と夢を託した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ