PR

地方 地方

鋭い竹刀音響き渡る 日光東照宮で剣道大会開幕

間合いをはかり、一瞬で竹刀を打ち込む選手=17日、日光東照宮武徳殿
間合いをはかり、一瞬で竹刀を打ち込む選手=17日、日光東照宮武徳殿

 県内外から剣士が集い鍛錬の成果を競う日光剣道大会が17日、日光東照宮武徳殿(日光市山内)で開幕し、道場には鋭いかけ声や竹刀の触れ合う音が響き渡った。大会は18日も行われ、2日間で約400人が試合を行う。

 この大会は昭和4年に始まった「日光東照宮奉納武道大会」が前身。戦争で中断後、占領政策により各種の武道が統制されるなか、26年に「日光剣道大会」として全国に先駆け再開、今年で69回を迎えた。このため、武徳殿は「剣道復活の地」と呼ばれている。

 初日のこの日は、日本剣道形や居合の後、小学4年生以上の男女個人戦と中学選抜の男女団体戦を中心に熱戦が繰り広げられた。18日は多くの全日本選手権出場クラスの実力者が参加する1都9県11チームによる関東都県団体対抗優勝大会などが行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ