PR

地方 地方

【日本高校ダンス部選手権】伊勢崎清明、初の優秀賞 「10人全員で楽しく踊れた」

【第12回日本高校ダンス部選手権・スモールクラス全国大会】演技する群馬県立伊勢崎清明高校(群馬)=15日、横浜市のパシフィコ横浜(宮崎瑞穂撮影)
【第12回日本高校ダンス部選手権・スモールクラス全国大会】演技する群馬県立伊勢崎清明高校(群馬)=15日、横浜市のパシフィコ横浜(宮崎瑞穂撮影)

 横浜市のパシフィコ横浜で15日に開催された「第12回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」全国大会のスモールクラス(2~12人)に、県内からは3年連続3回目の出場となった伊勢崎清明が初めての優秀賞に輝き、客席から盛大な拍手が送られた。

 伊勢崎清明ダンス部の選抜チーム「Glory(グローリー)」の女子10人は、力強い女性をイメージしたヒップホップダンスを披露。髪の毛につけたピンク色のエクステを激しく首を振って際立たせた。演技の途中や最後にヒョウ柄の上着とスカートを投げ捨て観客を驚かせた。

 3年で部長の前田未夢(みゆ)さん(17)によると、演技は、10人の女性が1人の男性を求めて争うが、男性の浮気が発覚し、全員が団結して復讐(ふくしゅう)するという物語。腰や腕を大きく動かす振り付けで女性らしさを表現した。

 前田さんは「10人全員で楽しく踊れた。やりきったので悔いはない」と笑顔で語った。

 主催 産経新聞社、ストリートダンス協会

 共催 関西テレビ放送

 後援 スポーツ庁、全国高等学校体育連盟ほか

 特別協賛 エースコック

 協賛 大塚ホールディングスほか

 運営統括 ブルースプラッシュ

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ