PR

地方 地方

群馬知事、CIO設置に意欲 テレビ会議システムを公開

 山本一太知事は14日、県庁の情報化政策の一環として、知事室に設置したテレビ会議システムを報道陣に公開した。続けて行われた定例会見で、情報システムを統括する最高情報責任者(CIO)の設置に意欲を示した。

 テレビ会議システムは、大画面モニターやタブレット端末などを使い、インターネット回線で結んだ参加者をそれぞれの画面に映し出して話し合う仕組み。デモ運用では、山本知事と太田市の清水聖義市長、高崎市の富岡賢治市長の3人が画面を通じて参加した。

 山本知事は「これまでこうしたシステムはなかった。今後、各首長や他県の知事、海外の要人らとの意見交換などで活用を進めていく」と述べた。

 会見では、県の情報関連の政策立案や行政サービスの電子化などを念頭に、「CIOと職員がリスクを回避しながら連携して整備していってもらいたい」と語った。ただ、設置の具体的な時期や人選については明言しなかった。

 また、23日に臨時議会を招集することも表明した。新副知事2人を選任する人事案に同意を求める。こちらも具体的な人選については明言を避けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ