PR

地方 地方

台風10号接近 静岡県内も警戒 「避難場所などの確認を」

 15日に西日本を通過すると予想される超大型の台風10号。静岡地方気象台によると、県内でも15日夜から16日にかけて雷を伴う激しい雨が予想されており、土砂災害や河川の増水、氾濫などへの警戒を呼びかけている。

 静岡地方気象台は、15日午後6時からの24時間雨量が中部300~500ミリ▽西部・東部300~400ミリ▽伊豆200~300ミリに達すると予想している。最大風速(最大瞬間風速)は県内全域で12メートル(25メートル)。同気象台の担当者は「帰省や観光で(県内に)来ている人も多い。あらかじめ避難場所などの確認をしてほしい」と注意喚起している。

 JR東海は15日、東海道新幹線と山陽新幹線の直通運転を取りやめる。県内で発着し、山陽新幹線に乗り入れるひかり号の下りは新大阪止まり、上りは新大阪発となる。14日午後6時現在、発着時間に変更はないが、天候によっては運休や遅延が生じる可能性があり、同社の担当者は「駅の案内やホームページを確認してほしい」と話している。

 清水港(静岡市清水区)と土肥港(伊豆市)を結ぶ駿河湾フェリーは、14日には全便(1日4往復)が欠航した。15日も全便の欠航が決まっている。

 静岡空港を発着する国際線は14日、済州(チェジュ)航空のソウル-静岡線を除く全便が欠航、国内線は全便が運航した。15日の運航状況は未定となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ