PR

地方 地方

【夏の甲子園】関東第一、敵失逃さず

熱のこもった応援でナインを鼓舞する関東第一の応援席=14日、甲子園(斎藤有美撮影)
熱のこもった応援でナインを鼓舞する関東第一の応援席=14日、甲子園(斎藤有美撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 第101回全国高校野球選手権大会第9日の14日、関東第一(東東京)は第3試合で熊本工(熊本)と対戦し、6-5で接戦を制した。持ち味の機動力を生かした攻撃で試合を有利に進め、九回表に1点差まで詰め寄られるも逃げ切った。3回戦は大会第11日の第4試合で、鶴岡東(山形)と対戦する。(斎藤有美)

 三回、土屋と大久保が続けて四球で出塁すると、相手のミスで土屋が生還し、先制点を挙げる。四回に1点を返され、試合は振り出しに。

 五回、平泉が中前打で出塁すると、暴投と捕手の悪送球で三塁に進む。続く野口の左前適時打で勝ち越した。「一本打てれば勢いがつく」と野口。さらに重政の左前適時打などで、この回一挙4得点と熊本工を突き放した。

 七回、熊本工に3点を返され、1点差に詰め寄られる。その裏、1死三塁から渋谷が中犠飛を放ち、貴重な追加点を挙げた。

 投げては、エース土屋が九回に1点差に追い上げられるも粘りの投球を見せ、7安打5失点で完投。リードを守りきった。「チームの勝利に貢献できてよかった。完投して自信になった」と振り返る。

 米沢貴光監督は「守備はよく我慢してくれた。機動力がしっかりし、『一本で1点を取る』という自分たちらしい野球ができた」と選手たちをたたえた。主将の渋谷は「熊本工は本当に強く、慎重にプレーを進めていった。次戦はやってきたことを全部出し切りたい」と見据えた。

 ▽2回戦

 熊本工 000 100 301-5

 関東第一001 040 10×-6

(熊)林、村上-青山

(関)土屋-野口

 ▽二塁打=内田(熊)、重政(関)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ