PR

地方 地方

【夏の甲子園】東海大相模、敵失に乗じ快勝 足を使った攻撃徹底

【東海大相模-近江】五回、適時打を放つ東海大相模の松本=11日、甲子園(森田達也撮影)
【東海大相模-近江】五回、適時打を放つ東海大相模の松本=11日、甲子園(森田達也撮影)

 第101回全国高校野球選手権大会第6日の11日、4年ぶり11度目の出場となった東海大相模は第2試合で近江(滋賀)と対戦し、6-1で快勝した。中盤以降、度重なる相手失策に乗じて着実に得点を重ね、付け入る隙を与えなかった。3回戦は大会第10日の第2試合で、中京学院大中京(岐阜)と対戦する。 (浅上あゆみ)

 序盤は緊迫した投手戦。スコアボードにゼロが並んだが、四回に試合が動いた。東海大相模の2番・井上の四球などで2死二塁の好機を作ると、敵失で二塁走者が生還。先制に成功し、試合の流れを引き寄せる。

 さらに五回、1死二塁のチャンスから8番・松本が左前適時打を放ち、1点を追加。六回にも敵失を絡めて一挙3点を加え、相手を突き放す。

 投げては、先発・遠藤が八回途中までを1失点に抑える好投。140キロ台前半の直球を軸に、キレのある変化球を交え、相手打線を抑えた。最後は、エースナンバーを背負う紫藤がマウンドに上がり、3者連続三振を奪って試合を締めた。

 遠藤は「相手打線を研究し、対策を練った結果。一戦必勝の気持ちで全力で準備をしたい」と次戦を見据え、門馬敬治監督は「足を使った(チームが掲げる)アグレッシブベースボールを徹底できたところがよかった」と選手をねぎらった。

 ▽2回戦

東海大相模  000 113 001-6

近 江    000 000 010-1

(東)遠藤、野口、紫藤-井上

(近)林-有馬

 ▽二塁打=遠藤(東)、有馬(近)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ