PR

地方 地方

九州の6月「横ばい」 鉱工業生産指数が2カ月連続低下

 九州経済産業局がまとめた6月の九州の鉱工業生産指数(速報、平成27年=100、季節調整済み)は前月比3・6ポイント減の101・9となり、2カ月連続で低下した。自動車などの輸送機械工業が12・0ポイント減り、全体を押し下げた。基調判断は「横ばい」に据え置いた。

 業種別でみると、全13業種のうち輸送機械工業のほか、汎用・生産用・業務用機械工業など7つが低下した。一方、電子部品・デバイス工業や電気・情報通信機械工業など計6業種は上昇した。

 同時に発表した九州での6月の四輪自動車生産台数は、前年同月比1・5%減の11万6882台だった。海外向けの乗用車の生産が減った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ