PR

地方 地方

拉致被害から41年、日置で市川さん兄らが情報呼び掛け 「風化させてはならない」

市川修一さんが拉致された海岸付近で、ドライバーらに情報提供を呼び掛ける兄の健一さん
市川修一さんが拉致された海岸付近で、ドライバーらに情報提供を呼び掛ける兄の健一さん

 鹿児島県で市川修一さん=失踪当時(23)=と増元るみ子さん=同(24)=が北朝鮮に拉致されてから41年になるのを前に、市川さんの兄、健一さん(74)らが9日、2人が消息を絶った日置市の海岸近くで、通行車両のドライバーらにチラシやうちわを配って情報提供を呼び掛けた。

 健一さんは、ドライバー一人一人に「拉致問題を忘れないでください」と訴えた。報道陣に「この41年間進展がなく、歯がゆい気持ちだ。風化させてはならない」と話した。

 市川さんと増元さんは昭和53年8月12日、海岸に夕日を見に行って消息を絶った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ