PR

地方 地方

【しずおか・このひと】「アトリエす」代表・鈴木啓子さん 地場工芸品にミラノでの知見生かす

アトリエすの鈴木代表
アトリエすの鈴木代表

 イタリア・ミラノでデザインを中心に豊富なキャリアを積み重ね、静岡に拠点を戻してからは、デザインのコンサルティングやブランドプロデュース、欧州連合(EU)への海外進出サポートなどを行う「アトリエす」(静岡市葵区)代表の鈴木啓子さん。ミラノで得た知見などを生かし、地場の伝統工芸や独創的な作品に付加価値を付けて広く発信しようと奮闘中だ。(那須慎一)

 --どのようなテーマを持ち、仕事やさまざまな活動に取り組まれているか

 「デザインで地域を元気にするということに主眼を置いて、さまざまな取り組みをしています。地場の技術や人、文化などを含めて付加価値を加え、デザインの力でブラッシュアップして新しいものにした上で国内外に発信する取り組みを進めています」

 「昨年からは、静岡市の若手クラフトマンの海外展開を支援する事業のプロデュースに私も注力しています。お茶染めや挽物(ひきもの)などの静岡の若手クラフトマンと海外のデザイナーをマッチングさせ、海外のブランドと連携する取り組みが、多くの反響をいただいています」

 --なぜイタリアでデザインやインテリアのキャリアを積まれたか

 「東京のデザイン事務所に勤務していた際に、ミラノでの楽しい話を聞く機会が多く、『自分もミラノに行ってみたい』と思うようになりました。当時は手持ち資金も少なかったのですが、あるコンペで入賞して手に入れた賞金を用いて単身ミラノに渡りました」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ