PR

地方 地方

東海村臨界事故20年 教訓学ぶフォーラム

 東海村は、9月30日で発生から20年を迎える核燃料加工会社「ジェー・シー・オー(JCO)」の臨界事故の教訓を学ぶ「原子力安全フォーラム」を、9月7日に村内の東海文化センターで開く。

 事故を受けて国内初の住民避難要請を出した村上達也前村長、桐嶋健二JCO社長、田中俊一前原子力規制委員長ら4人が講演する。当時の状況や事故後の取り組みなどを振り返り、原子力利用では安全が最優先されるというメッセージを発信したい考えだ。

 午後1時から午後4時半まで。一般参加者の定員は500人。申し込みや問い合わせは東海村防災原子力安全課(029・282・1711)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ