PR

地方 地方

ベリーちゃんもニッコリ! 鹿沼市ご当地ナンバー誕生

鹿沼市が10月から導入するご当地ナンバープレート=6月24日、鹿沼市役所(根本和哉撮影)
鹿沼市が10月から導入するご当地ナンバープレート=6月24日、鹿沼市役所(根本和哉撮影)

 鹿沼市は10月1日から、イチゴをモチーフにした原動機付き自転車のご当地ナンバープレートを導入する。市は「走る広告塔として市の知名度アップにつながれば」と期待を込めている。

 原動機付き自転車のナンバープレートは、各自治体が自由に形状や図柄を決めることができ、全国各地で独自のものが導入されている。県内でも日光市など6市4町が、それぞれの市町の特徴を表現したご当地プレートを交付している。

 市が今回導入するのは50cc以下の白、90cc以下の黄色、125cc以下の桃色の3種類。イチゴと市のシンボルキャラクター「ベリーちゃん」のイラストが印刷されており、愛らしいデザインとなっている。交付は10月1日から始まり、市役所本庁舎や市内各地のコミュニティーセンターで手続きが可能。新規登録の場合は従来型かご当地プレートかを選択できるほか、すでに従来型を持っている場合でも、1度だけ無料でご当地プレートに交換することができる。

 佐藤信市長は「かわいらしく親しみやすいデザイン。幅広い年齢層で使ってほしい」と呼びかけている。(根本和哉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ