PR

地方 地方

ベトナム人学生の就職「文化学ぶため協力を」 つくばでセミナー

 県内を中心にガソリンスタンドなどを展開する関彰商事と日本貿易振興機構(ジェトロ)茨城貿易情報センターは30日、企業関係者を対象に、ベトナム人学生の就職に関するセミナーをつくば国際会議場(つくば市竹園)で開いた。

 約340人が参加し、ハノイ工科大のディン・ヴァン・ハイ学生支援部長が「ベトナム人材の日本企業での就職事情」と題して講演した。ハイ氏は「日本で就職したいベトナム人学生は増えている。学生は自分で日本語を学び大学も語学教育を支援しているが、文化や習慣を学ぶため日本側の協力も必要だ」と訴えた。

 セミナーでは、関彰商事のグループ会社「セキショウキャリアプラス」が11月にハノイで行う学生向け面接会の説明も行われた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ