PR

地方 地方

外来カミキリ食害、小山でも 栃木県内4市目、県北への拡大懸念

 ■「フラス」見つけたら通報を

 バラ科の樹木などを食い荒らす特定外来生物の昆虫「クビアカツヤカミキリ」による被害が広がっている。初めて県内で発生した平成29年度以降、佐野、足利、栃木各市で確認されていたが、先月新たに小山市でも見つかった。県南部から北部への被害拡大が懸念される。(山沢義徳)

                   ◇

 小山市では、6月19日に民家のスモモの木で幹の食害が見つかった。今年度に入り初の被害。通報を受けた県と市がクビアカツヤカミキリと確認し、周辺への被害の拡散を防ぐため伐採・焼却処分を行った。

 県内では29年度に樹木220本、30年度は743本の食害が確認され、広がる傾向にある。特にモモ園での被害が大きく、果樹栽培が盛んな隣県の福島への拡散も心配されている。

 足利市では小中学校13校のサクラで食害が確認され、樹齢数十年の古木などが伐採された。市民参加で駆除を図る「クビアカみっけ隊」を結成するなど、対策を強化している。

 拡散防止に向け、県や各市町は駆除や通報を呼びかけている。成虫は体長約2・5~4センチで、赤い胸部が特徴。また、幼虫は4~10月ごろに幹の内部を食い荒らし、木くずと糞(ふん)が混じったひき肉状の「フラス」を木の周囲に落とす。

 県自然環境課は「成虫を見つけたら殺虫し、フラスを見つけたら県や市町に通報を」としている。フラスの形が異なる在来種のカミキリと見分けるため、通報の際に写真も提供するのが望ましいという。

 クビアカツヤカミキリは中国やベトナム北部が原産地で、主にモモ、サクラ、ウメなどの樹木の内部を食い荒らし、枯死させる。産卵能力が日本在来種のカミキリの3倍に上り、被害が深刻化する恐れがある。関東地方では埼玉県、群馬県などでも見つかっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ