PR

地方 地方

【夏の高校野球】聖光、先制逃げ切りV

甲子園出場を決め歓喜する聖光学院ナイン=いわきグリーンスタジアム(芹沢伸生撮影)
甲子園出場を決め歓喜する聖光学院ナイン=いわきグリーンスタジアム(芹沢伸生撮影)

 いわきグリーンスタジアム(いわき市)で行われた決勝戦で聖光学院は、一回裏2死二、三塁で吉田(3年)がレフトへ2点適時打を放ち先制。これで勢いに乗った聖光学院はエース須藤(同)が、爆発力を誇る日大東北打線を5安打におさえる好投で完封した。

 日大東北はエース磯上(同)が二回以降は聖光学院を1安打におさえる力投をみせたが、及ばなかった。

 【いわきグリーンスタジアム】

 ▽決勝

 日大東北000 000 000-0

 聖光学院200 000 00×-2

(日)磯上-弓田

(聖)須藤-吉田

 ▽二塁打=遠藤(日)

◆斎藤智也監督「例年よりも実感がわかない。勝ちに対する意識とかが頭の中にない、不思議な大会だった。チームに力がないのは最初から明白。(甲子園では)もうちょっとギラギラしたもの、果敢に立ち向かう内面的な強さを要求していきたい」

◆清水正義主将「13連覇の重圧が肩から下りてホッとした。スタンドにいる仲間や保護者の方たちと、次のステージで戦えるのがうれしい。守備も投手陣も粘り強くやれた。勝ったといっても力があるわけではない。甲子園では最後まで諦めない野球で戦いたい」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ