PR

地方 地方

音楽室やキッズエリア整備 那須塩原に「くるる」オープン

 那須塩原市がJR黒磯駅前に整備を進めていた交流施設「まちなか交流センター『くるる』」が完成し今月、オープンした。「人と食を育む交流の家」を基本コンセプトに文化、産業などの拠点施設として地域の活性化を図る。

 鉄骨造りの平屋で約1360平方メートル、総工費約7億円。愛称の「くるる」は同市が公募し、市内の小学生が考案した。

 施設には、各種イベントやマルシェに利用できる屋内広場▽スクリーンや音響設備を備えシアターにもなるステージ▽ドラムセットや各種アンプが完備された音楽室(防音室)▽マットが敷かれ遊具で遊べるほか近くには授乳室もあるキッズエリア-などが整備された。また、フードコートには、薬膳料理などを提供するカフェ、和食の名店が手がける地域密着型のレストラン・カフェの2店舗が出店している。

 開館時間は午前9時~午後9時半、休館日は毎月第2・4火曜日と年末年始。31日にオープニングイベントが開催される。(伊沢利幸)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ